オカルトニュースの最近のブログ記事

心霊・超常現象番組が民放で減ってNHKで増えた理由とは?

 かつては夏になれば、民放各局がこぞって心霊番組を放送していたが、最近は減少傾向にある。その一方、NHKではこれまで積極的に扱ってこなかった超常現象関連の番組が増えている。心霊現象やオカルトなどの超常現象を巡って、民放やNHKの内部に一体なにか起こっているのか。その答えを業界関係者から聞き出すことに成功した。

「民放の心霊番組に関しては、たしかに以前ほどの本数はオンエアしていません。これは、過剰な演出ができなくなったことが理由の一つです」(テレビ局関係者)

 "過剰な演出"とは、一体どういうことだろうか。

「どこまで話していいのかわかりませんが、以前は心霊番組で流す映像に演出が加えられることがありました。ただし、最近は簡単な合成映像では視聴者にも気付かれてしまうため、近年は過剰な演出は避けるようになってきています。その代わりに幽霊が出るとされる家に固定カメラを設置し、部屋をモニタリングする形で、幽霊は出ないものの"出てくるんじゃないか"と煽るような番組が多くなってきたのです。つまりはドキュメンタリータッチの心霊番組です。しかし、決定的な幽霊が出なければ出ないで視聴率に結びつかない。そのため、結局は数字が問題になって、最近は減っているわけです」(同・テレビ局関係者)

<公安調査庁>麻原教祖「生誕祭」の参加者増加

公安調査庁は20日、国内外の諸情勢を分析した「内外情勢の回顧と展望」(2014年1月版)を発表した。
オウム真理教の主流派について、教祖だった松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の誕生日を祝う「生誕祭」への昨年の参加者が5年前の2.5倍に膨らんだとして警戒を呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131221-00000000-mai-soci

アイスマンをめぐる5つの意外な事実

 凍った状態で見つかった有名なミイラ、アイスマン(エッツィ)をめぐる驚くべき発見は今も後を絶たない。
その1つとして、つい最近、オーストリア国内にエッツィの遺伝子上の近縁者が19人いるとの報告がなされた。
5300年前に死亡したと見られるエッツィの遺体は、1991年にオーストリアとイタリアの国境地帯の山中で発見された。
アルプスに暮らした世界最古の有名人エッツィに関する最新の情報、そしてこれまでに明らかになった注目すべきいくつかの事実を紹介することにしよう。

◆1. アイスマンの親戚が現代に生きている

 アイスマンと遺伝子上のつながりを持つ近縁者がいることが、新たなDNA調査により明らかになった。
アイスマンの男性性染色体の異常マーカーに注目して研究を行っているグループの報告によると、
オーストリアのチロル地方にエッツィの遺伝子上の近縁者が少なくとも19人いることが分かったという。

 オーストリア、インスブルック医科大学のウォルター・パーソン(Walther Parson)氏が主導する調査の中で、3700人の匿名の供血者のサンプルを使って遺伝子の照合が行われた。
19人の血液からは、アイスマンから見つかったのと同じG-L91と呼ばれる極めて珍しい突然変異株が確認された。
「アイスマンと19人は共通の先祖を持ち、それはおそらく1万?1万2000年前に生きていた人類ではないかと思われる」とパーソン氏は話す。
(後略)

※以下、ソース先で下記の記事が続きます
◆2. アイスマンは体の不調に悩まされていた

◆3. 解剖学的異常も確認

◆4. アイスマンの入れ墨

◆5. アイスマンは植物の花粉とヤギを食べていた

ソース
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131021002&expand

鞨子舞で悪魔払い

| コメント(0)

IP131019TAN000004000.jpg鞨子舞で悪魔払い 勇壮に獅子が家々巡る 東金

横飛びの舞を披露する獅子たち=19日、東金市小野
 家の中から悪魔を払う伝統行事「鞨子舞(かっこまい)」が19日、東金市小野の表谷(おもてやつ)地区で行われ、同地区の民家や商店約120戸を一軒一軒巡り、勇壮な舞を披露した。

 同日は曇り空のあいにくの天候だったが、獅子たちは民家の玄関先で、笛や太鼓のおはやしに合わせて「横飛び(よこっとび)の舞」を披露。踊り終わった獅子は家の中に上がり、家内安全を祈った。

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/local/162060

ay_118393149.jpg"地獄行きの666便"予約で埋まる

縁起が悪いとされる13日の金曜日に、コペンハーゲンを出発したフィンランド航空の便名は、聖書の世界で悪魔を指すとされる「666」。行き先のヘルシンキは「地獄」とほぼ同じ読みの「HEL」と表示される。
北欧ではあまり信じられてこなかった迷信だが、座席の13列目をなくした航空会社も。
しかし、"地獄行きの666便"は予約でほぼ埋まった。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20130916-1190157.html

Is this the unluckiest flight ever? Route 666 to HEL on Friday the 13th
http://metro.co.uk/2013/09/13/is-this-the-unluckiest-flight-ever-route-666-to-hel-on-friday-the-13th-3982930/

投稿募集

心霊スポット・怖い話・オカルトニュースなど募集してます
情報お待ちしております

投稿する

イーココロ!クリック募金