更新履歴


 ネッシーにイッシー、そしてクッシー。過去には観光にも尽力してきた各地の未確認動物の目撃情報が激減している。

 世界的に有名なネッシーをはじめ、湖に生息するとうわさされる未確認動物(Cryptid、日本ではUMA)の話は各国にあり、地元では観光に貢献するケースもある。一方で最近は、遭遇したとの目撃情報は減少の一途だという。

 湖の未確認動物で特に有名なのは、イギリス・スコットランドにあるネス湖の「ネッシー」だ。湖岸周辺が整備された1933年以降、毎年数多くの目撃情報もあり、いまもネッシー目当てに世界各国から訪れる観光客は引きも切らない。2007年には、大手ブックメーカーのひとつウイリアムヒルが、ネッシーの存在を証明できたら100万ポンド(当時のレートで約2億4,300万円、現在のレートで約1億7,000万円)の賞金をかけ、今日も続いている。

 ところが、最近ネッシーの目撃情報はほとんどなく、2013年はゼロとなってしまった。イギリスでは、死亡説やアイルランド方面への移動説などがささやかれているが、その真相は分からない。

 日本では、鹿児島県指宿市の池田湖で、後にネッシーならぬ「イッシー」と命名された未確認動物が初めて目撃されたのは1961年。1978年には1度に多数の人に目撃されたことをきっかけに、知名度は全国区となった。その人気はすさまじく、一時は同市の観光協会に対策委員会も設置され、イッシーの姿を撮影したら10万円の賞金まで設定されるほどだった。

 しかしその後は、目撃情報が減るにしたがい熱気も下火となり沈静化。いつしか地元では、イッシーにかわり湖に生息する天然記念物のオオウナギ(長さ1メートル50センチ、胴回り25センチ、重さ20キロ)が観光の目玉となっていった。ちなみにイッシーが出現するのは、風のない日だといわれている。

 また「クッシー」は、北海道川上郡の弟子屈町(てしかがちょう)にある屈斜路湖(くっしゃろこ)の未確認動物だ。名称は、もちろんネッシーにならって命名されている。初の目撃談は1972年で、1997年まではかなりの頻度で目撃されていた。だが1997年を過ぎると、目撃したとの情報は少なくなった上に、屈斜路湖はカルデラ湖で水は酸性で生物の住める環境ではないとの説に押され気味で、クッシーの存在感は薄れつつある。

 それでも地元では、巨大なヘビが住むというアイヌの伝承とともに、クッシーも湖の神秘性を高める重要な要素としており、この点はいまも変わらない。ただ、こちらは減ったとはいえクッシーの目撃情報は毎年あり、平成の今日も細々ながら継続中だそうだ。

 今では、写真や動画の撮影が可能な携帯端末を持っている人も多く、もし遭遇すればより鮮明な写真や映像を撮影できそうだ。逆に、誰もが真相を確認しやすい時代だからこそ目撃情報が減っているのかもしれない。

http://moneyzine.jp/article/detail/210329

BhH0ky3CMAEnvsm.jpgのサムネイル画像

http://pbs.twimg.com/media/BhHqyleCcAAx9dB.jpg:large?.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BhH0ky3CMAEnvsm.jpg:large?.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BhH99xfCcAAGbT3.jpg:large?.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BhIliz6CQAE_IVx.jpg:large?.jpg
http://pbs.twimg.com/media/BhI8WRnCAAA_-xU.jpg:large?.jpg

若者信者が急増中 美女が逆ナンする『アレフ』の勧誘手口

 オウム真理教事件の実行犯として特別手配され、約17年に及ぶ逃亡生活の末、'12年1月1日に逮捕監禁致死容疑で逮捕された元教団幹部・平田信被告(48)の裁判員裁判が1月16日に東京地裁で始まった。

 一連の凶悪事件が再び注目される中、危惧されるのはオウム真理教の"残党"の動向だ。教団は'07年、主流派である『アレフ』と、上祐史浩元幹部が設立した『ひかりの輪』に分裂。『アレフ』は外部からの接触を断ち、今回の裁判に関しても沈黙を守り続けているが、その裏では布教活動を継続し、新たな信者の勧誘にも積極的に動いているのだ。
 「公安調査庁によれば『アレフ』の国内信者数は、昨年6月時点で一昨年末より150人増え1450人。以前は横ばいの状態が続いていましたが、ここへきて学生などの若者を中心に着実に信者数を増やしています」(全国紙社会部記者)

 その勧誘方法は、SNSや大学の偽装サークル活動が主とみられていたが、それは一部に過ぎないとの話も聞こえてきた。
 事情を知る40代の元オウム信者が次のように語る。
 「SNSや学内サークルもやっていますが、必ず何らかの監視下に置かれるし、あまり効率的とはいえない。それより彼らが力を入れているのは、街頭でのキャッチ。宗教や超能力に興味がありそうな人の一本釣りです。大きな書店に出向き、そういった関係(宗教・神秘・心理学)の本を立ち読みしている若者にそっと声をかける。その役を女性がやれば、ヒット率はさらに上がります」

 これは、オウム真理教時代も盛んに行われていた手法だという。時代は変わっても、ネットを介したSNS以上に草の根レベルの"逆ナン"が決め手というわけだ。
 「実は先日も某書店で、元オウムで今はアレフという人物が、スカウト要員と思われる女性を連れているのを見かけました。とにかく、思いがけず美女に『ヨガに興味があるんですね?』などと声を掛けられたら、疑う余地があるかもしれません」(同)

 オウムの血は脈々と受け継がれている。

http://wjn.jp/article/detail/3176935/

「ビートたけしの超常現象スペシャル2013」番組で撮影されたUFOの正体が判明!?

毎年年末恒例で放送される人気オカルト番組「ビートたけしの超常現象スペシャル」が12月22日に放送され、今年も山口敏太郎が登場。
某教授と熱い激論バトルを繰り広げたりとお茶の間の皆様にエンターテインメントとしてのオカルトを提供できたのではないかと思う。

さて、収録は11月30日に行われたのだが、収録中にとんでもないハプニングが起きた。
なんとカメラが回っている最中にテレビ朝日上空に謎の発行物体が複数出現。出演者らの目の前で合体分裂を繰り返す模様の一部始終がカメラに収められた。番組に出演していた、たま出版の韮沢社長によれば、物体はときおり赤やオレンジに変色しながら飛行しており、恐らく飛行機の定期便の2?3倍の高度で移動しているのではないかとのことであった。

この一連の様子が放送されると、ネットは謎の光点の正体について解明しようとする議論で溢れかえった。
中でも多かったのは「複数の風船が絡まって飛んでいるのではないか」という意見であった。
筆者は初めこそ不可解な飛び方をしているため実際にUFOが撮影された!?と考えてしまったが、協力者らの助力を得て画像を検証。撮影されたUFOの正体はやはり風船ではないかという結論に至った。

当日の天候は晴天で、物体の飛行していった方角や方向によれば日光を反射してより輝いて見える可能性が高いこと。
また、テレビ朝日社屋の近くには結婚式場が複数あり、演出の一つでバルーンリリース(沢山の風船を空に放つ)を
行っている所が存在している。晴天であれば映える演出なので、風向き次第によってはずっと遠くであげられた風船が漂ってきていた可能性もある。一部、物体にうまく光が当たっていなかったり、物体が消えるように見える箇所もあるが、これはカメラのピント調整の都合によるものだろうと思われる。

http://npn.co.jp/article/detail/62943869/

20140125-00000004-okinawat-000-4-view.jpgUFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
那覇港上空に横並びに並んだオレンジ色の光=23日午後9時ごろ

 23日午後9時ごろ、那覇市上空で約10個のオレンジ色の光が漂っていたという、複数の目撃情報が本紙に寄せられた。専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという。
 石垣島天文台の宮地竹史所長は、動画で確認し「隕石(いんせき)が大気中に入り燃えながら落ちるときは地上から光が見えることがあるが、その場合は、ものすごい速さで飛ぶ。今回のように長時間ほぼ同じ場所に光がとどまるのは、天文現象ではないと思う」と話した。
 浦添市西原から目撃した新垣覚さん(45)は「とても明るい光で、びっくりした。曲線を描きながら動いていたので、飛行機ではないと思う」。那覇市識名から目撃した竹尾慎太郎君(12)は「10個ぐらいの光が動いて、集まったり消えたりしていた」と話した。
 航空自衛隊によると、謎の光についての報告や目撃情報はない。同日は午後7時20分までにすべての訓練を終え「その時間に自衛隊機は飛んでいない」という。(画像は一部加工しています)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000004-okinawat-oki

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ
精神世界ランキング    心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング    8daysランキング

投稿募集

心霊スポット・怖い話・オカルトニュースなど募集してます
情報お待ちしております

投稿する

イーココロ!クリック募金