更新履歴


「悪魔払い」で子ども4人殺傷、母親ら2人逮捕 米メリーランド州

(CNN) 米メリーランド州で悪魔払いの儀式と称して子ども4人が刃物で殺傷される事件があり、警察は母親を含む女2人を殺人などの容疑で逮捕した。

モンゴメリー郡の警察によると、17日午前、近所の住民の通報で民家に駆け付けた警察官が、子ども4人を発見した。1歳の男の子と2歳の女の子は刃物で何度も刺されて死亡。その兄弟の5歳と8歳の子どもはけがをして病院に運ばれた。

警察は18日、4人の母親のザキヤ・L・アベリー容疑者(28)が子どもたちを殺傷したとして、殺人と殺人未遂の容疑で逮捕したと発表した。続いて事件後一時的に病院に入院していたモニファ・デニス・サンフォード容疑者(21)を同じ容疑で逮捕した。

サンフォード容疑者は親類ではないものの、同じ家に住んでいたという。

警察によると、容疑者2人は自分たちの行為を悪魔払いと信じていたといい、さらに詳しい動機などを調べている。

事件のあった民家では前日にも、保護者の付き添いのない子どもが車の中に放置されているとの通報があった。しかし警察官が駆けつけた時には子どもはいなくなっていて、この家の住人は警察官の呼びかけにも応えなかったという。

警察は郡の児童保護当局にも通報したとしているが、当局が対応したかどうかは分かっていない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-35042737-cnn-int

関東、関西で小中学校女子生徒の行方不明が相次いで発生し、世の親御さんらの不安も募らせている。
昨年夏には千葉・茂原市で県立高校3年の女子生徒Aさん(17=当時)が約2か月半も行方がわからなくなる騒ぎも起きた。こちらも事件性はなかったが、"神隠し"とまで言われた一件の意外な背景が分かった――。

 Aさんが突然行方不明になったのは、昨年7月11日。足取りがまったくつかめないことから、千葉県警と茂原署は何らかの事件に巻き込まれたことを想定して捜査を開始した。茂原署副署長はこう振り返る。

「若い女性が夏の時期に姿を消したため、当初は拉致されたり、性犯罪に遭ったことを想定しました。
あの地域は特別治安が悪いわけではないが、泥棒やひったくり、また性犯罪もポツポツ発生している。(Aさんは)お金も持っていませんでしたし、何らかの被害に遭っている可能性は十分考えられました」

 茂原署は県警本部からの動員を含め、1日10人以上の捜査員を投入。日によっては重点的に20?30人を当たらせたこともあった。
ところが、身代金の要求など犯人からの接触は一向になかった。隠密に捜査を続けて1か月が経過したことから公開捜査に踏み切った。

 すると、9月26日になって近所の男性(70)が、自宅近くの神社の社の中でうずくまっているAさんを発見。
捜査員が詳しい話を聞いたところ「事件性なし」となり、約2か月半におよぶ失踪劇は原因がよく分からないまま幕引きとなった。

 捜査関係者は「発見した時は行方不明時と同じ制服姿。シャツやカバンは泥まみれで衰弱していた。
『事件に巻き込まれたのか』との質問には黙ったまま首を横に振るし、連れ去られていたわけではない。『ずっとこの神社にいたのか』と聞くとうなずくだけでした」と言う。

 現代の神隠し事件はさまざまな臆測を呼んだが、ここに来て新たな事実が判明した。全国霊感商法対策弁護士連絡会事務局長の山口広弁護士が衝撃的な事実を明かす。

「実は、Aさんのご両親は統一教会の信者だったのです。信仰を強制されて深く悩んでいたんでしょう。子供が無理やり合同結婚式に参加させられる可能性もありますからね」

 統一教会(世界基督教統一神霊協会)と言えば、昨年11月に歌手の桜田淳子(55)がデビュー40周年の復帰コンサートを開き、改めて取りざたされたばかり。
女子高生の家出騒動は意外なところと結びついていたのだ。

「親が信仰を強いて、どうすればいいか悩み苦しんでいる子供は多い。
かわいそうなんですが『男女が抱き合ってはいけない』『好きなクラスメートと手をつないではいけない』とする統一教会の教えに反発する子供たちからの相談もあるんです」(同弁護士)

 仮に家出をしても、親であるがゆえに連れ戻されてしまう。また、信仰の自由を盾にされると、子供を保護しにくいようだ。

 Aさんの家出理由と両親の信仰との直接の因果関係はAさん本人のみぞ知るところだが、同連絡会に子供たちからの相談が寄せられていることは事実だ。
統一教会と言えば、霊感商法ばかりに焦点が集まってしまうが「子供が犠牲になっている実態は、もっと知られていい」と山口弁護士は主張する。

 気になるのはAさんの現在だが、前出の茂原署副署長は「この件は『事件性がなかった』ということで確定しています。
したがって、なぜ家出したのか、今どういう生活を送っているかについては個人のプライバシーに絡むことなのでお答えできません」とした。

 確かなのは、この茂原市の行方不明騒動が信仰が絡んだトラブルの氷山の一角ということだ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/224842/

サタニスト団体、米オクラホマ州会議事堂に悪魔像の設置を要請

[米オクラホマ州オクラホマシティ 7日 AP] サタニスト (悪魔主義者) の団体が、2012年にモーセの十戒の記念碑が設置されたオクラホマ州会議事堂の敷地内に、高さ7フィート (2メートル134センチ) の悪魔の彫像を建立するよう求めている。

ニューヨークを拠点とするサタニック・テンプルは、州会議事堂の管理委員会に、悪魔像の設置を申請した。オカルトのシンボルとしてよく使用されている角を生やしたヤギの頭に翼と長いヒゲを持つ悪魔バフォメットをアーティストが表現した彫像のデザインも提出された。設計図では、悪魔は星形五角形の装飾を施した玉座に座り、横に笑顔の子どもを連れている。

「この記念碑は悪魔主義者たちの視点を反映してデザインされています」と、同団体の広報担当者リュシアン・グリーブスは声明文で述べている。「この像には椅子としての機能もあり、あらゆる年齢の人が悪魔の膝に座ることができます。インスピレーションを与え、思索の助けとなることでしょう」

サタニック・テンプルは、オクラホマ州議会が議事堂の敷地内に、民間の出資によるモーセの十戒記念碑の設置を認可したことで、悪魔像への扉も開かれたと主張している。十戒の記念碑は2012年、議事堂の階段に設置された。なお、米自由人権協会のオクラホマ支部はこれを撤去するよう訴訟を起こしている。

同じような記念碑の設置希望の申請が、ネバダ州のヒンズー教指導者をはじめ、動物の権利団体、ジョーク宗教「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」などから出されている。

オクラホマ州会議事堂保存委員会はこれを受けて、新たな申請の受付を一時停止すると発表した。
「いままで通り誰でも申請を出すことができます。しかし、十戒記念碑についての判決が下されるまで、像の新設に関する検討には入りません」と、委員会のトレイト・トンプソン議長は述べた。

サタニック・テンプルの主張は、「バイブルベルトのバックル」と呼ばれる保守的なオクラホマ州で選出された議員たちを悩ませている。議員たちは、悪魔像の提案は決して承認されないだろうと語る。
「自分がどこにいるかを思い出すべきです。ここはオクラホマ、ハートランドの中心です」と、ドン・アームズ議員は言う。
「わたしたちは、わたしたちと違う考え方をする人々に対して寛容にならなければいけないと思います。しかし、ここでそんな計画はうまくいかないでしょう」

グリーブスは、サタニック・テンプルの今回の申請がオクラホマ州のリーダーたちの偽善性への注意を呼びかける努力の一環だと認めたうえで、同団体は真剣に悪魔像の設置を希望している、とも語っている。
同団体は、悪魔像の設置計画に必要とされる資金2万ドル (およそ210万円) の半分をすでに集めている。
「なんとかして計画を進めようとしています」と、グリーブスは言う。

別の州議員アール・シアーズは、サタニック・テンプルの行動を「州の善き人々への侮辱」と評している。
「わたしはサタニズムを宗教とはみなしません。州会議事堂に彼らの場所はありません」と、彼は言う。

サタニック・テンプルは、同団体の目指すところを公式ウェブサイトで以下のように説明している。
「宗教的な信念をわれわれの目標ないしは仕事についての語りの文脈を構築する比喩的な枠組みとして捉えることにより、迷信と宗教を切り離すことを求めている。悪魔は、暴政への反逆、自由かつ理性的な問い、然るべき幸福の追求の究極的な象徴である」

http://www.excite.co.jp/News/odd/E1389186644638.html

22541_5607.jpg英ヒースロー空港、UFOが航空機とあわや衝突

英国ヒースロー空港では、旅客機エアバスA320のパイロットからの通報をうけ、航空安全庁によって、同機と衝突する危険性があった未確認飛行物体の捜査が行われている。

パイロットの証言によると、UFOはA320がヒースロー空港から32キロ離れた上空10キロの地点に位置している際に現れた。
UFOの出現は2013年7月に目撃されたものの、今ごろになって公にされている。
イタルタス通信が英国マスコミの報道を引用して伝えた。

英国「サンデー・テレグラフ」紙がパイロットの発言を引用して伝えたところによると、UFOはラグビーボールに似ており、キャビンの目の前数メートルの地点に現れている。色は銀色で金属製だったという。

パイロットは、出現があまりに突然だったので機体の方向を変える暇もなく、衝突は間逃れないと覚悟したと語っている。
幸い、物体は急に高度を上げ、機体の上を飛び去ったため、事故に至らずに済んだ。

http://japanese.ruvr.ru/2014_01_06/126921490/

img_2f529b964d595ce3650a748ab3edc51672154.jpg「天使に翼はない」、カトリック天使学者の見解

【12月23日 AFP】天使は実在するが、翼はなく、光の筋のような存在だ――ローマ・カトリック教会(Catholic Church)の最上位「天使学者」が、このような見解を発表した。

?昨今のニューエイジ(New Age、精神世界・スピリチュアル)ブームにより天使人気は再燃している。「キリスト教における天使は再発見されている」と、レンゾ・ラバトーリ(Renzo Lavatori)神父は伊ローマ(Rome)にある華やかなフレスコ画に彩られたルネサンス(Renaissance)様式のカンチェッレリア宮(Palazzo della Cancelleria)でAFPの取材に語った。

?ラバトーリ神父はさらに、「天使の存在を感じるほどには、その姿を見ることはない」「クリスタル製の花瓶で屈折した太陽光に少し似ている」と語った。

?バチカンが所有するカンチェッレリア宮では先週、天使を描いた美術についての会議が開催され、ラバトーリ神父も出席していた。

?同じ会議に出席した美術史家のバレリオ・マッシーモ・マンフレディ(Valerio Massimo Manfredi)教授によれば、天使の語源となる「アンゲロス(angelos)」という単語が初めて登場したのは、ミケーネ文明が栄えた3000年以上前のギリシャだ。アンゲロスとは古代ギリシャ語で「使者」を意味する。

?聖母マリア信仰の聖地「ロレート(Loreto)の聖なる家」のモンシニョール・ジョバンニ・トヌッチ(Monsignor Giovanni Tonucci)司教は、天使が明確な姿を持たない「純粋な霊魂」であったため、その時々の芸術家たちが創造力を自由気ままに駆使したと語り、「天使をめぐる文化史を追うことは人類史、あるいは少なくともわれわれの文明史をひも解くことである」と述べた。

?ラバトーリ神父は天使の「再流行」のためには一般的に広まった天使のイメージは必要だったと認めるものの、クリスマスシーズンに天使のイメージがちまたにあふれかえることには否定的だ。「ある程度は容認できるとしても、あれは真の天使の姿ではないことを知っておくべきだ。天使は翼をもっていないし子どもでもない」

?悪魔学の研究者でもあるラバトーリ神父は、今ほど天使が必要とされている時はないと力説する。社会にまん延する世俗化や物質主義が悪魔に「門戸を開いた」からだという。(c)AFP/Dario THUBURN

http://www.afpbb.com/articles/-/3005534?ctm_campaign=txt_topics

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ
精神世界ランキング    心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング    8daysランキング

投稿募集

心霊スポット・怖い話・オカルトニュースなど募集してます
情報お待ちしております

投稿する

イーココロ!クリック募金