妖怪・UMAの最近のブログ記事

20141019-00010002-tocana-000-1-view.jpg イギリスのスタッフォードシャー州にある美しい観光名所、カノックチェースにて「黒い目の子ども」として知られる幽霊の目撃情報を受け、自身もカノックチェース出身の超常現象ジャーナリスト、リー・ブリックレイ氏が徹底的な調査を始めた。
■子どもたちはこうして現れる!!
 ブリックレイ氏が聞いた目撃証言の1つは、ある男性が妻と犬を連れてカノックチェースを歩いていた時、森林地帯に踏み込んだ際に、少女がクスクスと笑い声をあげながら現れたという話だ。
 少女の瞳に虹彩(角膜と水晶体の間の膜。これによって目の色が変わる)や白目はなく全体が真っ黒で、頭はまるで首を吊られていたかのように不自然に傾いていたという。
少女は5分ほど彼らを見つめた後、木が生い茂る森の中へと姿を消したということだ。
■1980年代から目撃され続ける黒い目の少女たち
 ブリックレイ氏の叔母もまた、これに類する話をしているという。1982年当時18歳だった叔母はある夜、友人と共にカノックチェースで少女の助けを呼ぶ声を聞いたという。そして6?8歳くらいの少女が走りながら『助けてママ! 助けて!』と叫んでいるのを見てその後を追ったが、少女が森の奥へ差しかかった時に叔母の方へ振り返ったその顔は、やはり目が真っ黒だったという。これで叔母の足は止まり、その少女は森の奥へと駆け込み見えなくなったのだった。
■アメリカにも多数出没!? その名もBEK
 アメリカでもイギリス同様、目の黒い子どもの目撃情報が1980年代から絶えず報告されている。その見た目から「Black Eyed Kids」、略して「BEK」と呼ばれ、ネット上では目撃した人々の証言を集めたサイトも多く見られる。しかしイギリスの多くの目撃情報とは違い、アメリカの「黒い目の子どもたち」は複数で行動し、人々の家のドアを叩き家人がドアを開けると「家に入れて欲しい」と言うのだそうだ。
また、車を運転中に遭遇すると、その多くは「家に帰りたいので乗せて欲しい」と言うのだという。しかしながら今のところ、要求に応えて家に入れたり車に乗せた人はいないようであるが......。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20141019-00010002-tocana

 ネッシーにイッシー、そしてクッシー。過去には観光にも尽力してきた各地の未確認動物の目撃情報が激減している。

 世界的に有名なネッシーをはじめ、湖に生息するとうわさされる未確認動物(Cryptid、日本ではUMA)の話は各国にあり、地元では観光に貢献するケースもある。一方で最近は、遭遇したとの目撃情報は減少の一途だという。

 湖の未確認動物で特に有名なのは、イギリス・スコットランドにあるネス湖の「ネッシー」だ。湖岸周辺が整備された1933年以降、毎年数多くの目撃情報もあり、いまもネッシー目当てに世界各国から訪れる観光客は引きも切らない。2007年には、大手ブックメーカーのひとつウイリアムヒルが、ネッシーの存在を証明できたら100万ポンド(当時のレートで約2億4,300万円、現在のレートで約1億7,000万円)の賞金をかけ、今日も続いている。

 ところが、最近ネッシーの目撃情報はほとんどなく、2013年はゼロとなってしまった。イギリスでは、死亡説やアイルランド方面への移動説などがささやかれているが、その真相は分からない。

 日本では、鹿児島県指宿市の池田湖で、後にネッシーならぬ「イッシー」と命名された未確認動物が初めて目撃されたのは1961年。1978年には1度に多数の人に目撃されたことをきっかけに、知名度は全国区となった。その人気はすさまじく、一時は同市の観光協会に対策委員会も設置され、イッシーの姿を撮影したら10万円の賞金まで設定されるほどだった。

 しかしその後は、目撃情報が減るにしたがい熱気も下火となり沈静化。いつしか地元では、イッシーにかわり湖に生息する天然記念物のオオウナギ(長さ1メートル50センチ、胴回り25センチ、重さ20キロ)が観光の目玉となっていった。ちなみにイッシーが出現するのは、風のない日だといわれている。

 また「クッシー」は、北海道川上郡の弟子屈町(てしかがちょう)にある屈斜路湖(くっしゃろこ)の未確認動物だ。名称は、もちろんネッシーにならって命名されている。初の目撃談は1972年で、1997年まではかなりの頻度で目撃されていた。だが1997年を過ぎると、目撃したとの情報は少なくなった上に、屈斜路湖はカルデラ湖で水は酸性で生物の住める環境ではないとの説に押され気味で、クッシーの存在感は薄れつつある。

 それでも地元では、巨大なヘビが住むというアイヌの伝承とともに、クッシーも湖の神秘性を高める重要な要素としており、この点はいまも変わらない。ただ、こちらは減ったとはいえクッシーの目撃情報は毎年あり、平成の今日も細々ながら継続中だそうだ。

 今では、写真や動画の撮影が可能な携帯端末を持っている人も多く、もし遭遇すればより鮮明な写真や映像を撮影できそうだ。逆に、誰もが真相を確認しやすい時代だからこそ目撃情報が減っているのかもしれない。

http://moneyzine.jp/article/detail/210329

article-2412006-1BA04118000005DC-514_634x423.jpgペルーのアマゾンで不可解な構造をした生物らしきモノが発見された。
発見したのはトロイ・アレグザンダー(ジョージア工科大学の大学院学生)。
白い杭垣に囲まれた尖塔の様でとても不思議な形をしている。

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/09/05/article-2412006-1BA041AC000005DC-95_634x645.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2013/09/05/article-2412006-1BA041B4000005DC-406_634x428.jpg

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2412006/Mystery-Amazon-Miniature-white-towers-surrounded-picket-fences-trees-leave-scientists-totally-baffled.html#ixzz2e0h0Kme0

SP2013062599000091.-.-.CI0002.jpg水難の守り神とされるかっぱ「兵主部(ひょうすべ)」の木像が安置された
佐賀市の松原河童(かわそう)神社(松原神社境内)で25日、「河童(かわそう)祭」が開かれた。
関係者ら約10人が水難事故防止を祈願した。

同神社は、約230年前に松原神社に奉納されたと言われる兵主部の像をまつるため、2010年秋に建てられた。
今年5月には、境内に御影石製の「水かけ河童(かっぱ)」も建立。
祭りでは木像にキュウリや「かっぱえびせん」などを供え、神職と巫女(みこ)による雅楽の演奏と巫女舞が奉納された。

5月の「ひゃあらんさん祭り」に続いて参列した「佐賀お茶がゆ会」会長の野口博さん(61)は
「海水浴や川遊びのシーズンも近いので、子どもの水難防止により一層努めたい」と話した。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2491073.article.html

a170b7f6.jpgdmJl3U_iw2KnEWc1369794715_1369794730
gif_animation フロリダ・フォートデソトのビーチにて、ハリケーンが通り過ぎた後の浜辺で発見されたという「人魚」の死体を映したビデオ。映像を見る限りでは女性の人魚、いわゆる "マーメイド" と呼ばれるもの。詳細は不明。



http://www.liveleak.com/view?i=b6e_1369395384
http://www.po-kaki-to.com/archives/6555223.html

投稿募集

心霊スポット・怖い話・オカルトニュースなど募集してます
情報お待ちしております

投稿する

イーココロ!クリック募金