Sponsored Link

(Y.Mさんの体験談)

 これは20年ほど前になります。当時付き合っていた彼氏と午前中から遊園地でデートしたその日の夜、JR某駅のすぐ近くにあるホテルへ宿泊した時の話です。
 宿泊したホテル〇〇〇は、お互いの家から30~40分ほどで着く距離で、それほど離れているわけでもないため、ホテルのあるウワサはよく知っていました。そのウワサとは、このホテル〇〇〇の一室で幽霊が現れるというもの。目撃談はいくつかあるけど、いずれも若い女の霊で、テーブルの下に座っていたり、テレビの奥に立っているといった話です。わたしも彼氏も怖がりだけど怪談や心霊動画が好きで、以前からこのホテルの女の霊は本当だろうか?と気になっていました。

 その日は遊園地でデートをして気分も良く、ちょうど帰りの電車で通る駅の近くにこのホテルがあったため、興味本位で泊まることになりました。実際に心霊体験をしたことなどまったくないし、過去にこのようないわくつきの場所に肝試しに行っても幽霊を見たりすることはなかったので大丈夫だろうと思っていました。
 某駅に着き、改札口を出て二手ある駅の出口のロータリー側へと進み、線路沿いの細い道を数分歩いていくと、いくつかホテルが立ち並び、その中のひとつに心霊ホテル〇〇〇はあります。一見してどこにでもある感じのラブホテルですが、他のホテルと比べると少し暗い感じがする。外壁が緑色だからだろうか、多分、怖いウワサを知っているせいもあるのだろうと思います。
 ホテルへチェックインし、例の部屋へワクワクしながら入ってみるけど、そこはいたって普通。ただ部屋は地味で薄暗くてあまり広くない。ベッドの横には低い棚があり、そこに小さめの冷蔵庫が設置してある。そして、その棚の前にはテーブルとイスがある。
 昼間、遊園地で遊んで楽しい時間を過ごしていて気分が良かったこともあり、幽霊が出るホテルと知っていても、そんなに気味の悪い感じはしませんでした。薄明りのままベッドに座り、一息ついてお酒を飲み、くつろいだり横になったりしながら今日の楽しかったことなどを彼氏と話して過ごしていました。そして、酔いと遊び疲れのせもあって、いつの間にかそのまま眠ってしまいました。
 何時間経ったのか、しばらくして何故か目が覚めてしまい、時計を見ると深夜の3時近く。彼氏は疲れているのかベッドでよく眠っています。わたしは少しのどが渇いていたので飲み物を飲もうとベッドから起き上がり、イスへ座ってテーブルの上に置いてある飲み物を飲み、スマホを見ながらぼーっとしていると、何か見られているような、誰かが近くにいるような違和感を覚えました。ふと女の霊が出るというウワサを思い出して急に怖くなり、おそるおそる後ろを振り返ってみたり風呂場を覗いて見てみるけど特に変わった様子もない。深夜だったし彼氏も寝ているし、今さらホテルを出るわけにもいかなかったので、気にはなるけど怖い気持ちをはぐらかして、スマホでゲームをして気を紛らわしていました。
 少し経ち、やはり何か違和感を感じて恐怖心が沸き起こってきたのでイスから立って後ろ歩きをして、その場から少し離れてみるとテーブルと棚の間に若い女性が座っているのが見えました。その女性は少しだけ透けているようで、周りは異様に暗く感じました。あまりに急な出来事だったので体が凍り付き、固まってしまい声が出なくなり、ただその座っている女性の霊から目が離せないでいました。女性の霊のすぐ横にあるベッドには彼氏が眠っていて、自分と女性の霊との距離は1メートルほどだったと思います。

無表情な女性の霊は座ったままテーブルをすり抜け、ゆっくりと近づいてきます。わたしは急いで彼氏の足を揺すり、なんとか彼氏を起こしました。彼氏の目を覚ますことができてちょっと安心したのか声が出るようになり「早く起きてこちに来て、急いで!」と叫び、ワケも分からずびっくりしている彼氏の腕を無我夢中で引っ張って部屋を出ました。
 急いで部屋から離れ、その後、すぐにフロントへ行き、彼氏と受付のおばさんに事情を話し、荷物を取りにまた部屋へ戻ってみたけど、そこにはもう女の霊はいませんでした。荷物を取ってすぐにホテルをあとにしましたが、もう今後、絶対にあのホテルへ行こうなんて思いません。

 後日、この心霊ホテルのことをよく知る友人に詳しく聞いたところ、このホテルの幽霊のウワサが広まるに至ったキッカケは、当時からさらにさかのぼること数年前、このホテルで若い女性の自殺があったことが関係しているようです。自殺の詳細を知る人の話では、いじめられて一人ぼっちだった女の子が不良グループの男達に遊ばれ金をまきあげられて、不良グループと縁を切った後に自殺したという話のようです。
 この若い女の子の自殺発覚後のホテルは、しばらくは客足は遠のいていて利用者は減っていたけど、それからしばらく経ち、徐々に客足も戻ってきたころ、“このホテル〇〇〇の一室で、自殺した女性の幽霊が出る”というウワサがたつようになったのです。友人の友人や、姉の彼氏が実際に目撃したとか人伝にどんどん広まり、一部では“自殺した女性の幽霊が出る心霊ホテル”として周知されるようになったということです。
 ちなみに当時、外壁が緑色だったこのホテルは、現在は改修工事などもあり外壁の色は変わっていて内装も当時よりオシャレになっているみたいです。

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

コメントを追加

セキュリティコード
更新


スポンサードリンク

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

18
19
20
26
30

Newコメント

スポンサードリンク

おススメ小辞典