スポンサードリンク
 

『緊急検証!未確認生物の飼い方~前略・ご主人様UMA(ぼく)はここにいるよ~』で紹介された河童

日本の未確認生物と言えば河童。
日本では妖怪、また伝説上の生き物として知られている。
呼び方もさまざまで「かわっぱ」「かわたろう」など地方によっていろいろな呼び方がある。
河童はいたずら好きで人の子供や馬などを川に引きずり込んでしまうという。
庶民に親しまれるいっぽうで、尻子玉を抜き取り殺してしまうという凶暴性も持つ。
今現在も川や海には河童の看板が貼られ注意が呼びかけられている。

飛鳥昭雄氏いわく河童には別名があり「グレイ」という。
グレイといえば矢追さんでお馴染みの灰色の肌を持ち目は大きく鼻口は退化して小さくなり頭の大きいあの誰もがイメージする宇宙人である。

なんと河童の正体はグレイなのだという。
そして日本で撮られた河童の写真を公開した。

この写真に写っている河童は赤い色をしている。
見た目もどことなくグレイに似ていなくもない。
沖縄には河童によく似たキジムナーという妖精がいるがこちらも赤い色をしていて九州の一部では天狗とも呼ばれ空を飛ぶと言われている。
飛鳥氏はグレイも飛ぶので共通点があると話す。
また南米で目撃多数の吸血UMAチュパカブラもグレイタイプとよく似ており飛ぶ姿を目撃したものも多いと話す。
つまり河童、グレイ、チュパカブラなど人型のUMAは実はすべて同一の同じものだと推測しているのである。

河童


グレイ


チュパカブラ

河童は電磁波も出すらしく河童の近くに行くと頭が痛くなるという。
以前にはグレイを解剖したという報告があり、その報告によると右脳と左脳の間には骨があって前の部分には人間にはない組織があるのだという。
その組織とは電波を増幅させる装置で、その装置を使い電波をクロスさせプラズマを発生させ火の玉を作るのだという。
河童は火の玉を出すから危険なので「逃げて!」とのこと。
また江戸時代中期に寺島良案によって作られた和漢三才図会という百科事典には「河童は吸血行為を行うので沼には近づくな」とかいてあるらしい。
発光体を出したり生物の血を吸うなどの特徴はまさにUFOを操るグレイや吸血UMAチュパカブラと一致する。

また以前、飛鳥氏は小河童と遭遇しており当時の体験を語る。
飛鳥氏が寝ているとき時刻も深夜2時ころ、パチパチという音が聞こえたため「泥棒が入り込んだのでは」と思い、ふと音の鳴るほうを見ると人型のようなものが俊敏に動いていたという。
飛鳥氏は河童のことを見慣れているため無視していたのだが、いきなり噛まれたようだ。
その小河童に噛まれた傷跡も見せてくれた。

二か所傷跡が残っている。

河童は飼うこともできるらしく、その昔は陰陽師も河童を飼っていたとか。
しかし河童はプラズマを発生させるので飼育ケージをアルミホイルで囲う必要がある。
散歩は慣れるまでは我慢し、ご飯は離乳食が良いらしい。
ちゃんと育てれば痴漢防止になるようなので若い女性に人気が出ること間違いなし。

コメントを追加

セキュリティコード
更新

スポンサードリンク
 

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

12
13
15
19
20
21
26
27
28
29