スポンサードリンク
 

11や46や18など災害の中の隠された数字には何か意味があるのか。
なぜ災害が起こるとき数字が一致してしまうのか。
何者かによって仕組まれた出来事なのか。

過去記事:ここ近年に起きた死者を多く出した大きい出来事の共通点

 

 

9.11同時多発テロ  2001年9月11日8時46分 
3.11同時多発地震  2011年3月11日2時46分 
映画ロサンゼルス決戦        2011年4月11日2時46分 
阪神淡路大震災  1995年1月17日5時46分 
ロサンゼルス地震  1994年1月17日 
湾岸戦争  1991年1月17日 
サンフランシスコ地震  1989年10月17日 

 

このように並べてみると9.11同時多発テロから阪神淡路大震災まで11と46という数字が並んでいるのがわかる。
そして阪神淡路大震災からサンフランシスコ地震まで117という数字が並んでいるが、これははたして偶然か。
ちなみに9.11と3.11を比べてみると、10年経過後6ヶ月と6時間差で、そして第二次世界大戦から66年目。
6という数字は不吉な数字で、666と悪魔の数字でつながっている。


下の3.11同時多発地震から湾岸戦争までの日付を見ると

3.11同時多発地震      2011年3月11日 = 2+1+1+3+11=18(6+6+6) 
パキスタン地震  2005年10月8日 = 10+8=18 
中国青海省地震  2010年4月14日 = 4+14=18 
阪神淡路大震災  1996年1月17日 = 1+17=18 
ロサンゼルス地震    1994年1月17日 = 1+17=18 
湾岸戦争  1991年1月17日 = 1+17=18 

 

このように数字を分けて足していくと合計18になる。
この18という数字は悪魔の数字666を足した数(6+6+6=18)である。
大地震の日に18と付く数字も多くみられるがこれは人工的に起こされた地震なのか。
最近では地面の断層に向かって電気を流すことによって地震を誘発できることもわかっているのだという。
その強い電磁波を出す装置が全世界にすでに20カ所くらいあるという。


そして主要なラジオの周波数
これもバラバラにして足していくと18になっている。

NHK第1 594khz  5+9+4=18 
NHK第2 693khz  6+9+3=18 
TBSラジオ 954khz  9+5+4=18 
文化放送 1134khz  11+3+4=18 
ニッポン放送 1242khz          12+4+2=18 
ラジオ日本 1422khz  14+2+2=18 

 

偶然にしては出来すぎている数字の一致だが本当にたまたま偶然に揃ってしまっただけなのだろうか。
それともこのような数字に関係する物や日に意図的に事件を起こしたり何かを企むグループがいるのだろうか。
戦争はもちろん、地震すらも今では人工的に起こすことが可能なのである。

コメント  

+3 #1 泉宏樹 2016年02月11日 06:22
軽井沢バス事故事故現場の国道が18
発生時刻が午前1時55分
発生日が1月15日
0 #2 太郎 2016年02月16日 18:34
#1
うわー
11と18があるのか
呪われた数字なのか誰かの陰謀なのか
+2 #3 Guest 2016年02月25日 23:26
米軍のラジオ曲である、AFNは 810khz…

コメントを追加

セキュリティコード
更新

スポンサードリンク
 

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

12
13
15
19
20
21
26
27
28
29