Sponsored Link

超常現象〇秘Xファイルで、「ノストラダムスの予言には不吉なことが書かれていた」という恐ろしい予言が紹介された。
フランス語で記されているノストラダムスの予言には「trompe」という言葉がいくつも出てきている。
このtrompe(トランペット)というはtrump(トランプ)の語源であることから「トランプ大統領」のことではないかと予測されているのだ。


問題の個所「百詩編 第1巻57番」を日本語に直すと

トランペ(トランプ)は大きな仲たがいで揺れ動いている
ある合意が破棄される 顔が天国を見上げる
血塗られた口は血の海を泳ぐだろう

となるらしい。
これは「トランプ大統領の暗殺計画」を意味しているのだという。
トランプ大統領が銃で撃たれて、倒れて天を仰いで口から血が出ている状況を予言したもののようだ。

普通に訳すと

大きな不和のせいでラッパが鳴り響くだろう、
調和が破られて、頭を天に掲げて。
血まみれの口は血の中を泳ぐだろう、
地べたでその顔は乳と蜜を塗られる。

となるが、ノストラダムスの予言だけって、裏を読み解こうとしてしまう。
さらに、「百詩編 第3巻79番」(番組内では第3巻79番となっているが多分、第3巻81番ではないかと思われる)によると

恥知らずで大胆なとても騒がしい人物が
軍の統率者に選ばれるだろう
彼の対戦相手の大胆さ 橋が壊され都市は恐怖で卒倒する

となるようだ。
「恥知らずで大胆なとても騒がしい人物が」とはだれもがトランプを思い浮かべるだろう。さらに対戦相手とは北朝鮮を指すという。

普通に訳すと

とても喧しく、恥知らずで無遠慮な人物が、
軍の統率者に選ばれるだろう。
彼の対抗者の大胆さ 〔が表出するだろう〕 。
橋が壊され、都市は恐怖で卒倒する。

となる。
さらに「百詩編 第8巻59番」には

2回打ち上げて2回落とすと東は西を弱めるだろう
海で繰り広げられたいくつかの戦闘の後
その敵は肝心な場面で失敗するだろう

と書かれているようで、これはアジア勢力がアメリカを弱体化させていることであり、北朝鮮にミサイル攻撃が2回続けて行われたとき第三次世界大戦に突入する合図なのかもしれないと警戒されているようだ。

ノストラダムスの予言の解明はまだまだ続く。

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

コメントを追加

セキュリティコード
更新


スポンサードリンク

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

18
19
20
26
30

Newコメント

スポンサードリンク

おススメ小辞典