スポンサードリンク
 

Sponsored Link

その掲示板には、ひとつの悪い噂があった。
誰も口にしたがらない、悪い噂があった。
やがて、長い時が過ぎ、人々は噂を忘れた。
噂は、誰も知らない噂になった。
それから、長い時が過ぎ、ある日。
い っ せ い に 芽 を 吹 き 出 し た も の が あ る。

1999年の6月から、遅くても2000年5月までのあいだに、一本の線が引かれた。
目には見えない「線」である。その存在に気づいた人間は、当時、数人もいなかっただろう。
多くの人間が気づいたとき、事態はすでに手遅れといっていいほど悪化していた……あまりにも、あまりにも。これは、稀有な事件である。二十年近い日本ネット史の中で、ここまで悪意に満ち、陰湿で、且つ巧妙な――まさしく悪魔的頭脳と言うべきものが生み出した――事件を、寡聞にして、わたしは知らない。
正直、この文章を書いていて恐ろしく気分が悪い。吐いても、吐いても、苦い唾がこみあげてくる。すべて忘れてしまいたいというのが 率直な感想だ。
これは“空前”の事件であり……そして恐らくは“絶後”な事件になるだろう。
インターネットがここまで普及し、その利便性と共に、ネット越しの悪意がもたらす恐怖について、まことしやかに伝えられるようになった今では、こんな酸鼻極まる事件が再び起こる可能性は、ほとんどないといっていい。
そんな意味で、この事件は、ネットの揺籃期が生んだ悲劇、と言えるかも知れない。事の性質上、事件の全容が表沙汰になることは100%ないだろう。
大手の新聞社やテレビ局は悲鳴をあげて逃げ出すだろうし、週刊誌、ミニコミ誌、あるいはゴシップ誌が、社運をかけてこの事件の解明に乗り出す……などという事態も考えられない。
大手マスコミだけではない。すでにネットですら、大規模な粛清、改竄のあとがある(前CIA長官ウールジー、及びエシュロンでの検索件数は一万件近いというのに! これを皮肉と言わずしてなんと言おう?)。
「その事件」をいくら検索サイトで探したところで、何も見つけることはできないだろう。ネットに残っているのは、その事件の残滓だけだ。
あなたの運が良ければ、その事件を知る、“生き残り”に出会えるかもしれない。そう、あなたのいる、この「2ちゃんねる」で、だ。だが、彼らは一様に重い口を閉ざし、真実を語ることはないだろう。
事件を知る誰にとっても……これは、あまりにも重い真実なのだ。
痛ましい犠牲者を出した西鉄バスハイジャック事件。それをすらネタにした傍若無人な2ちゃんねらーが、唯一、死者への畏敬と恐怖の念を思い出す瞬間。
それが、「この事件」を思い出した瞬間なのだ。

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

スポンサードリンク
 

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

22
23
27
29
30

Newコメント

怪奇!日本心霊スポット