心霊スポット - オカルト情報館
京都の心霊スポット

千日墓地
(相良郡)

当ノ尾と呼ばれていた地域で古い墓地が多いらしい。
その中で最も古い墓地が『千日墓地』であり有名な心霊スポット。
土中から這い出ようとする霊や墓地前を通過するハイカーを見つめる霊がでるらしい。

首塚大明神
(京都市西京区大枝)

京都市内から山陰街道を西へ行くと老の坂峠がある。
これを越えると丹波国になり、この峠に様々な噂がある。
旧峠と云うのがあり、こちらは僅かに京都市側に入ったところに首塚大明神がある。
この首塚大明神には「酒呑童子」の首が奉られており、由緒と書かれた石碑には以下のように書かれています。

平安時代初期。(西暦八百年頃)丹波の国大江山に本拠を構えた酒呑童子が、今日の都へ出て金銀財宝や婦女子をかどわかすなど、悪行の数々を行うので、人々の心に大きな不安を与えていた。
天子(天皇)は源頼光等四天王に命じ酒呑童子とその一族を征伐するよう命じられた。
源頼光等は大江山の千丈ヶ嶽に分け入り、苦心の後 酒呑童子とその一族を征伐し酒呑童子の首級を証拠に京の都へ帰る途中この老の坂で休憩したが、道端の子安の地蔵尊が 「鬼の首のような不浄なものは天使様のおられる都へ持ち行くことはならん」と云はれたが相模の国の足柄山で熊と相撲をとったという力持ちの坂田の金時が証拠の品だから都へ持って行くと言って酒呑童子の首を持ち上げようと力んだが、ここまで持ってきた首が 急に持ち上がらなくなった。
そこで一行は止むを得ずこの場所に首を埋めて首塚をつくったと伝えられている。
酒呑童子が源頼光に首を切られるとき、今までの罪を悔い、これからは首から上に病をもつ人々を助けたい、と言い残したと伝えられ首塚大明神は首より上の病気に霊験があらたかである。
昭和61年3月 宗教法人 首塚大明神社務所

そもそも老の坂峠は「大江の坂」が訛ったもので、酒呑童子退治の話は実はこちらの大江山だったという説もある。
明治時代の地形図にもこの付近の山を大江山と記載している。

この神社は昼間でもオーブが撮れたことがあり、鳥居をくぐったら呪われるとかいう噂もある。
鳥肌が立ち気分が悪くなってしまったとう人もいて、興味本位で行かない方がいいという話もある。
深夜0時ごろ、峠のバス停に深夜だというのに俯いた女性が3人いて周囲がぼやけていたので、この世のものではないことが明らかだったという霊目撃者もいる。
目を合わせると付いてくるので半ば無視して峠を下りたとのこと。

花山洞
(東山隋道)

ここは歩行者専用道路で火葬場に近く処刑場があったらしい。
戦争で亡くなられた霊がさまよっているようです。
宜保愛子など、いろいろな霊能者も訪れていた場所。

貴船神社・鉄輪井戸
(京都市内)

ここは水の神や縁結びの神が祭られている。
しかしそれとは別に「丑の刻参り」としてわら人形を釘で打ち呪う場所としても有名らしい。
この神社の裏手に深い山林があり、時々呪詛をこめた“わら人形”が、今でも見つかっているらしい。

平等院鳳凰堂
(宇治市)

ここで写真を撮ると心霊写真が写ると言われている。
ある学校の生徒が修学旅行で撮影した時、この中に一人、知らない男が写っていたらしい。

大原一家心中
(京都市)

少し前、男性が借金で逃げ回ったあげく大原の山中にて車の排ガスで一家心中をした。
自殺場所は、国道477号線東手から焼杉山の山道に入ってすぐの広場。
噂では、ここに行くと男性の霊があらわれるとか取り憑かれるとのこと。
しかし正直、周りが暗すぎるし山道で横は崖で危険なため心霊スポットどころではいらしい。

将軍塚
(京都市)

将軍塚にトンネルがあり深夜、そのトンネル中央付近で立ち止まっているライダーがいるという。
そのライダーには首がなく、血まみれのバイクに跨っているらしい。
数年ほど前、バイクに乗った男がトンネルに垂れ下がっていた太いツタに首を絡ませ、頭がもぎ取られてしまったらしい。
その霊だと言われている。
今でもこのツタは残っているという。

清滝トンネル
(京都市)

ここのトンネル工事は手掘りだったため、何人もの作業員が亡くなったらしい。
その作業員たちの恨みがこもっているのかトンネル内では多くの事故が起きたという。
作業員たちの恨みと事故で亡くなった死者たちの無念がさらに事故を起こすと言われている。
そしてこのトンネルの近くのカーブミラーを覗いてみると老婆の霊が写るらしい。
その老婆の霊もここで事故で亡くなった霊かもしれない。
他にも女の人の霊の目撃情報もある。
その女の人は20代前半で髪は肩までの長さ白いワンピースのような服を着ていて、いつも下を俯いて歩いているらしい。
また、ある人によれば、男の子とおじいさんの霊がいるという話らしい。
男の子の霊は車を叩きにくるそうらしく、おじいさんの霊は結構危険な霊だそうです。

静原町の市道
(京都市)

下鴨静原大原線という道路で「幽霊街道」とも呼ばれているらしい。
数年前、ある女性がノイローゼになり車道に飛び込み車にはねられて死亡したとらしい。
それからその女の霊があらわれるようになったらしい。
噂では、急に女が手を振りながら駆け寄ってくる姿が見えたという。
ハンドルを切っても避けきれず人をはねた衝撃を感じるそうだ。
しかし車から降りてみても人の気配はないらしい。
その他にも30歳くらいの女性の幽霊を見たという話も多数あるらしい。

深泥池
(京都市)

京都の一番危ない場所と言われている心霊スポット。
近くにある病院の患者がここで入水自殺しているらしい。
この池は底なし沼と言われていて死体は二度と浮かないらしい。
近くの道路では40歳ぐらいの女性の霊が「深泥池の辺りまでお願いします」と囁きかけてくるという。
車に乗せ深泥池の辺りに近づいた時には女性の姿は消えているらしい。
その女性の霊は自転車の運転を誤ってこの池で溺れ死んだ人らしい。

笠置観光ホテル
(相楽郡笠置町)

国道163号線の旧道に笠置観光ホテルという大型リゾートホテルの廃墟がある。
霊的な噂としては、かなり多種多様な噂があるのだが、中でも多く聞かれるのは焼身自殺したオーナーの幽霊や屋上の機械室に出る女性の幽霊である。

廃モーテル
(亀岡市大江山)

亀岡市に入ってすぐにある老ノ坂トンネル近くに心霊スポットと噂されている廃モーテルがある。
噂によれば、過去に殺人事件があり女性なくなっているらしい。
それ以来、モーテル前を通過すると女性の幽霊が出没するとの目撃談が多数報告されている。

京都の幽霊マンション
(京都市右京区嵯峨新宮町7-1メタボ広沢)

この8階建ての幽霊マンションは「新耳袋」第6夜に収録の「居にまつわる二十の話」でも紹介された。
夜になると上から女性の霊が落ちてくるという怪現象が噂されている。
また、最上階の一室で次々に怪奇現象が起こるという。
過去に某芸人が心霊写真を雑誌に投稿したらお金が稼げると考え、この幽霊マンションに訪れた。
それからというもの、なぜか幽霊マンションに足を運ぶようになってしまったという。
幽霊マンションは飛び降り自殺がよくあると言われていて8階には防護ネットが張ってあるという。
住人もいるため探索は控えたほうがよい。

国道沿いの霊こくどうぞい
京都府木津川市加茂町井平尾
1972年、成人式の前日にこの場所で19歳の銀行の女子行員が帰宅途中に殺害され、全裸死体で発見された。
その事件以降、雨の日には殺害現場の近くで、ずぶ濡れになった女性が立っているというウワサが周辺でひろまるようになった。
ここを車で通りかかったドライバーは、そのずぶ濡れの女性を車に乗せてあげるが気が付くと車の中に女性の姿はなくなっている、驚いたドライバーは車を止めてあたりを見渡してみるが女性は居らず、座席だけ濡れていた。
その後も同じような体験をしたドライバーが現れたため町じゅうでウワサになり女の霊に脅えたという。
事件当時は連日テレビで報道されマスコミも多く訪れた。
その後、連続殺人犯として逮捕された人物の犯行と疑われたが確証が得られず立件まで至らなかった。
無念の死を遂げた19歳の女性が成仏しきれず現れたのだろうか。

スポンサーリンク
 
新オカルト情報館

オカルト番組表


心霊スポットの情報や写真などがありましたら提供お願い致します。
また、体験談やウワサなどの提供も募集しています。

情報お待ちしています!!
メールを送る


 事項とお願い
 ※当サイトは心霊スポット探索を推進するものではありません。
 ※不法侵入や近所住人の迷惑のないように、心霊スポット巡りは完全自己責任でお願い致します。
 ※場所等は載せていなかったりおおまかな場合があります。
 ※当サイトに掲載している心霊スポットの文章などの転載・使用は禁止しています。

スポンサーリンク
 

※注意事項
まず初めに。
ここに載せている場所や体験情報などはネットや雑誌の中で見つけた情報
また、オカルト情報館管理人宛に投稿していただいた心霊スポットです。
本当のところは心霊スポットなのかどうなのかは判りかねますので、
あくまで個人の判断で解釈してください。
また、ここに載せている心霊スポットの近くには一般の民家もあるため、
もし行く場合は近所迷惑になるような行為はやめてください。


スポンサーリンク



北海道


 
青森  
秋田 岩手  
山形 宮城
 
 

福島
 
島根 鳥取

 


  広島 岡山 福井

埼玉
  佐賀 福岡   大阪 滋賀
東京
長崎 熊本 大分   愛媛 香川  



愛知


 
  宮崎 高知 徳島    
  鹿児島  

 心霊スポット巡りは自己責任で・・・