心霊スポット - オカルト情報館
岐阜の心霊スポット

千本松原
(海津郡)

昔、大名に多額の借金をした薩摩の人が約40人切腹しているらしい。
噂では、面白半分で肝試しに行った人達は霊に取り憑かれたという聞がある。
高熱がでたり帰りの道で事故を起こしたり自殺をしたい気分になって死ぬ人も居たらしい。
幽霊が出るといった話は聞かないが歩いていると寒気がしたりするらしい。

大観屋敷
(恵邦市)

この廃ホテルは心霊スポットとして恐れられている。
過去に自殺した経営者がいて、その霊が出るらしい。
ホテル内には布団は散らかり、血痕のようなものもある。
そしていろいろな不気味な動物の剥製があるみたいだ。
首だけの剥製などもあり夜になると動き回ったり泣きだすという。
首から血が流れ落ちるという噂もある。

天心白菊の塔
(岐阜市)

過去にバスの転倒事故などで多数の人達は亡くなっているらしい。
事故のあった場所には慰霊碑が建てられている。
ここでは事故で亡くなった人の霊が現れるという。
ここで写真を撮るとよく心霊写真も写るらしい。

後藤別荘
(各務原市鵜沼宝積寺町1)

脇を流れる木曽川では入水自殺した人物や川で流されて亡くなった人がいるらしい。
その霊が同別荘に現れるという。
この近くのボーリング場跡地にも同川で亡くなった霊が現れるらしい。
供物を持って訪れる人物が時折いるらしい。

鬼岩劇場
(瑞浪市)

昔、殺人を題材にした劇が催されたらしく、その後から経営不振になり閉鎖したらしい。
心霊スポットとされているが霊現象などの体験談は聞かない。

某所会社ビル
(岐阜市)

前オーナーが所有していた時に殺人事件が起こったらしい。
その時の殺された人の怨念が強く、自縛霊として現れるらしい。
ビルの中をうろついたりポルターガイスト現象が起こるなどの体験をしてる人も多数いるらしい。

二股トンネル(朝鮮トンネル)
(加茂郡八百津町)

加茂郡八百津町にある国道418号線・二股トンネル。
ここは、昭和59年の集中豪雨で被災したあと、恵那市の笠置ダムまでの区間が路肩脆弱・幅員狭小等の理由で全面通行止めになっている区間にある木曾川沿いのトンネルです。
伝承では、戦時中に朝鮮人を工夫として徴用していて、病気・ケガ等で倒れて死亡した者の遺体をトンネルの壁に埋め込んだといわれてます。
でも、この伝承は最近になって少しお・ゥしいという話が有力視されてます。
二股トンネル竣工は昭和28年。国道418号線編入前の旧岐阜県道日吉八百津線の一部として開通。
当時の日本は、韓国・北朝鮮とも国交断絶状態。
むしろ、朝鮮人の離日及び祖国帰還が奨励された時代で、戦後の土木工事現場では外国人は殆ど雇われていないのです。
トンネルを彷徨う亡霊の正体は、朝鮮人ではないらしい、というのが確実視されているのです。
しかし、坑内で怪奇現象が起きたことがあるのは間違いないです。
ある人は、二股トンネルを徒歩で通行中に足を何者かに掴まれた、バイクで走行中に背中に何者かが覆いかぶさってきた、など、原因不明の怪奇現象が度々発生してます。
国道二股トンネル付近の山腹に、手掘りの小さいゴツゴツしたトンネルがあり、そちらが真の朝鮮トンネルではないかといわれてます。こちらは、未完成で四つん這いで何とか入れる小さい「穴」です。
この二股トンネル。現在計画中の丸山ダム拡張整備竣工後は、水没することが決定してます。
ちなみに国道418号線・木曾川沿い通行止め区間は路盤脆弱・幅員狭小・土砂崩れ頻発で「キング・オブ・酷道」と呼ばれてます。
無いはずの無数の無縁仏やトンネルの入り口の上の3個のお墓なども見せられたという体験談もある。
トンネルに入ろうとしたら連続音で「獅子おどし」の音がしてから「入るな!」と頭に直接入ってくるような不思議な感じで女性の低い声が聞こえてくるという現象に遭い、 化かされて見せられたお墓や無縁仏も、目で見るというよりは直接脳に映像を送られているような感覚だったとのこと。

城山山荘
(岐阜県各務原市)

岐阜県各務原市・愛知県犬山市の境界にあります、木曾川を横断する犬山橋(通称:ツインブリッジ)。
名古屋鉄道犬山線の鉄道橋と県道橋で構成されてますが、その各務原市側にあります、城山と呼ばれる小高い丘にあります城山山荘は、かつて心霊スポットとして名を馳せてました。
地元では、近寄ってならないといわれていたようです。
以前は、入ろうと思えば入れたらしいですが、犬山橋が鉄道用・道路用に分離されてツインブリッジに架け替えられてからは進入口は全て封鎖されました。
入口付近が名鉄犬山線沿いに位置していて、係員用保線通路として一般市民の立ち入りが禁止されたためです。
しかし、心霊スポットとしての噂は現在でも時折囁かれます。

古虎渓ハウス
(岐阜県多治見市)

JR中央本線・古虎渓駅の対岸に通称:愛岐道路と呼ばれる主要県道がある。
が、その県道にある信号交差点を山奥方向に入り、急曲線・急勾配をクリアした僅かな直線箇所の狭い土手に非常に荒れた3階建ての鉄筋コンクリート製の旧旅館が不気味な姿を曝け出している。
一説には、江戸時代に現在の旅館と同じ場所で若い女性が自殺で亡くなっていると云われて、彼女が浮遊霊を読んでしまっているのではとも囁かれている。
でもこの説は説得力に少々欠けているようです。
この建物が心霊スポットと化すキッカケは昭和45年頃。この旅館で火災騒動が発生。
その後の経営が悪化。オーナーは夜逃げしたとも自殺したともいわれてますが、そこにどういうことか女性の怨霊が棲みつくようになってから、無数の浮遊霊が取り込まれてしまい、心霊スポットと化してしまいました。
特に3階やトイレ、浴室が最も危険とされている。
3階にはお札が4枚、規則正しく貼られていて、この札を剥がしてしまうと更に危険な事態が起こりかねないといわれている。
この旅館付近は、明るい街灯が設置されてますが、夜はなおさら不気味な姿になる。
道路から浮遊霊と思しき人影が目撃されたとも云われている。
なんにせよ、岐阜県最恐の心霊スポットであることに間違いない。
また、この旅館は「その筋」の皆様が管理しているという噂もあることをお忘れなく。

ちなみに、旧中央本線・13号トンネルも川を挟んだ対岸の山腹沿いにあり、こちらも心霊スポットとして地元で恐れられてます。

13号トンネル
(旧中央本線)

明治末期に東京〜名古屋間が全通した中央本線。
時代の経過と共に、ルート変更された区間が多数存在しているが、多治見(岐阜県多治見市)〜高蔵寺(こうぞうじ:愛知県春日井市)間の旧ルートも、そのひとつ。
この区間にある旧廃線跡・「愛岐トンネル群」の13号トンネルは、開通前から心霊スポットとして地元で名を馳せている。
この旧区間のトンネル14本の掘削を中心とした工事で約20名以上の殉職者が出ている。
開通後も、何故か13号トンネル内で人身事故が多発。
かなりの人数が亡くなっている。
トンネル内で、列車にわざと巻き込まれる自殺事故が頻発した。
昭和41年に新線に切り替えられ、新しいトンネルでこの難所を乗り切っている。
しかし廃線後も、13号トンネル内でSL列車が爆走する騒音が突然鳴る、なぜか女性の霊が出るなどの噂が今も絶えない。
13号トンネル付近には稲荷神社もある。
あの「口裂け女」発祥地という都市伝説まである。
何かと噂が絶えない心霊スポット。それが13号トンネルである。

UCC喫茶店
(岐阜市祇園2)

朽ち果てた廃喫茶店、朽ち果てた廃喫茶店には女性の霊などが出るという噂がある。
また、コーヒーを淹れる香りが今でも漂ってくるといった噂も。
藍川橋を東に下り二つ目の信号を右折すぐ、田んぼに囲まれた場所にぽつんと建っている。
過去に一家心中があったとか経営難でオーナーが自殺をした等の定番の噂があるが真相は不明。

朝鮮学校
(土岐市泉町大富)

この東濃朝鮮初中級学校は、昭和50年開校当初は100人ほど生徒がいたが年々減少していき平成10年に閉校。
そして廃墟となり心霊スポットとして囁かれるようになったみたいだが、これといって具体的な心霊体験談などは聞かない。
本では紹介されているようで、ここを訪れた女性が霊に憑依されたなどの体験談があるようだ。

スポンサーリンク
 
新オカルト情報館

オカルト番組表


心霊スポットの情報や写真などがありましたら提供お願い致します。
また、体験談やウワサなどの提供も募集しています。

情報お待ちしています!!
メールを送る


 事項とお願い
 ※当サイトは心霊スポット探索を推進するものではありません。
 ※不法侵入や近所住人の迷惑のないように、心霊スポット巡りは完全自己責任でお願い致します。
 ※場所等は載せていなかったりおおまかな場合があります。
 ※当サイトに掲載している心霊スポットの文章などの転載・使用は禁止しています。

スポンサーリンク
 

※注意事項
まず初めに。
ここに載せている場所や体験情報などはネットや雑誌の中で見つけた情報
また、オカルト情報館管理人宛に投稿していただいた心霊スポットです。
本当のところは心霊スポットなのかどうなのかは判りかねますので、
あくまで個人の判断で解釈してください。
また、ここに載せている心霊スポットの近くには一般の民家もあるため、
もし行く場合は近所迷惑になるような行為はやめてください。


スポンサーリンク



北海道


 
青森  
秋田 岩手  
山形 宮城
 
 

福島
 
島根 鳥取

 


  広島 岡山 福井

埼玉
  佐賀 福岡   大阪 滋賀
東京
長崎 熊本 大分   愛媛 香川  



愛知


 
  宮崎 高知 徳島    
  鹿児島  

 心霊スポット巡りは自己責任で・・・