Sponsored Link

 ホット・リーディングとコールド・リーディング、これらは霊能者や占い師などが用いる会話法の1つで、事前に得た情報や相手の言動から得た情報をさも霊視や占いなどの秘められた未知のパワーで取得したと信じさせる技法であり、これを信じ込んで洗脳されてしまった者が財産を取られたり利用されたりして、過去にも問題になっている。


ホット・リーディング(hot reading)

ホット・リーディング(hot reading)は、占い、カウンセリングに際して、事前に得た情報を利用すること。なぜ占い師が、様々な事実を言い当てることができるかということを説明するために、こうした技法が紹介されることがある。

リーディングを行う者は、その対象となる人(シッター、sitter)の情報を、事前調査やリーディング直前の話の立ち聞きに至るまで、あらゆる方法で行うことがある。こうした調査では自分だけでなく、弟子や協力者を動員することもある。自称・霊能力者や自称・超能力者同士で膨大な「顧客名簿」を作成し、依頼に来た者の悩みなど背後関係に関する情報を共有することさえある。

また、超能力者や霊能力者たちは、リーディングの受付に予約制を導入し、リーディングの日を受付の数週間後に設定させ、その間に予約者の家にセールスマンなどを装った人物を派遣して、情報収集をさせることもある。こうした調査で、周囲の住民や家族からだけでなく、住む家だけからでも予約者の人となりや生い立ちを広く得ることもできる。そうして、自称「霊能者」は十分な情報を受けた状態で相手を前にするのである。


コールド・リーディング(Cold reading)

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。

コールド・リーディングは、詐欺師・宗教家・占い師・霊能者・手品師などが、相手に自分の言うことを信じさせる時に用いる話術である。
たとえ相手に対する事前情報が全くなくても、コールド・リーダーは相手の外観に対する注意深い観察と、コールド・リーディング特有の話術によって、いくらでも相手の情報を掴むことができるのである。対象者への観察力や会話の説得力、相手に与える安心感・信頼感…などが必要であり、高い技術と経験が必要になる。

超能力者が様々な事実を言い当てる際にホット・リーディングとコールド・リーディングの技法と組み合わせて使われることが少なくない。


 一般人と比べたら有名人・芸能人のほうが圧倒的に個人情報量が多く公開されているためホット・リーディングやコールド・リーディングがやり易いことは容易に想像できるが、インターネットが広まりSNSやブログなどの普及によって一般人の個人情報でもわりと簡単に得ることができるようになった。
それによってホット・リーディングやコールド・リーディングを使い、相手の情報を見抜いて霊能力・超能力があるように見せる霊能者や占い師も数多くいるとみられる。
 一部では木村藤子氏もホット・リーディングやコールド・リーディングを使い霊能力があるように見せているだけだと批判されている。
 木村藤子氏が2013年に番組内でデヴィ夫人を透視したときの内容であるが、デヴィ夫人とスカルノ大統領の間に生まれた娘のカリナ氏に関する透視では「カリナ氏が子宮が悪いのではないか」と話し、また、カリナ氏の息子のキラン君に関する透視では「スカルノ大統領に似ている」等とも話していたが、これはホットリーディングやコールドリーディングで予測できてしまう可能性が大なので除外として、本当に木村藤子氏にそのような超能力があるなら放送された中で霊視とも呼べる予言は以下の2つとなる。

・キラン君は命にかかわるような大きな事故などは起きない。
・キラン君は子どもさんが2人、3人と生まれます。

 これらの2つの霊視はホット・リーディングやコールド・リーディングでは難しいところがあると感じる。
 しかし、事故はもし起きたとしてもすぐに起こる可能性は限りなく低く、子供を作るとなった場合も当時キラン君は6歳だったことから少なくとも10年以上は先になるだろうと予測されることから予言時期があやふやで2人という数も当たり障りない数字ととらえることもでき信憑性が低く不信感を持ってしまう。すぐ確認できないのがもどかしいが木村藤子が本物の霊能者であると確信するためには今後のキラン君の情報に注目するしかない。
また近々、木村藤子氏の特番があるみたいなのでホット・リーディングやコールド・リーディングを頭の隅に置いて視聴してみるのも面白いかもしれない。


 ホット・リーディングやコールド・リーディングと関連性があるものの、少し異なる話題になるが過去に霊能者や占い師に洗脳された有名人として一時期よく報道されたことで辺見マリ、中島知子はよく知られている。その他にも自己啓発セミナーで洗脳されたX JAPANのToshI、芸能事務所を引退し宗教団体に出家した桜田淳子や清水富美加、またオウム真理教や統一教会は現在でも問題視され、これらがしばしば報道や話題にされている。
 そのせいもあってか、人々はこの手の話に引っ掛かりにくくなりメディア露出した霊能者にも批判や疑いがかけられるようになった。
 インターネットがそこまで普及していなかった時代は霊能者が心霊番組などに出て霊視や予言、除霊・浄霊をするシーンはよく見られ、そして一部の視聴者のあいだでは「すごい」と惹きつけられ盛り上がった。ネット普及によって霊能者・占い師の真相や人物像などが暴かれすぐに拡散されるようになったせいもあってカルト宗教団体や悪徳霊能者・悪徳占い師もやりづらくなっただろうと思われる。

 六星占術の細木数子氏は、溝口敦氏の著書「細木数子 魔女の履歴書」によって暴力団との繋がりや某占い師の占術資料を丸パクリした過去も暴露されている。また44歳の時に高熱により霊能力が開眼したという下ヨシコ氏は霊感商法で法外な儀式費用を支払わせたとして裁判となり敗訴している。
 下ヨシコ氏のもとに出家した「積み木くずし」や「女ねずみ小僧」などで知られる有名芸能人の小川真由美は過去にタロット占いの西村草茗(仮名)や真言密教の木村などに心酔し、娘の小川雅代は母親に何十年も苦しめられたと自叙伝「ポイズン・ママ」で記している。

 オカルトネタはロマンや好奇心を掻き立てられるがその反面、街角の手相占いや怪談イベント(主催者・出演者とは関係ない場合がほとんど)などを皮切りに霊感商法を勧めてくる詐欺師の話もあり、警戒することも必要となってくる。

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

コメントを追加

セキュリティコード
更新


スポンサードリンク

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

20
21
22
24
25
26
27
28
29

Newコメント

スポンサードリンク