心霊スポット名:白高大神(しらたかおおかみ)

心霊スポットに詳しい人物も白高大神は本当に怖いところと話す奈良最大の心霊スポットともいわれている。
ここはかつて霊能者である中井シゲノが興した宗教法人「玉姫教会」施設として使われていた。
1903年に産まれた中井シゲノは8歳のときに神が降りるという体験をし、それからは大叔母の元でシャーマンの修行を続けた。
22歳の時に失明してしまった中井シゲノは盲目が治るという観音菩薩を祀っている滝壺で滝行をすることにした。
その後1927年、突然「白高」という白狐の神がシゲノに降りたことにより目に明るい光や色が映るようになったという。
1934年、シゲノは夢のお告げに従い、夢に出てきた大阪の玉姫社という神社を探しだし、その夢のお告げのことを宮司に話すと祀る氏子のいない玉姫社を宮司はシゲノに譲った。
中井シゲノは玉姫社で修行を続けて、神を降ろしたシゲノは人の悩みなどを正確に言い当て、信者はだんだんと増えていった。
信者の中には政治家、官僚、会社経営者などもいて中井シゲノは有名な巫女となった。
そして中井シゲノが滝行の道場として奈良に開いたのが白高大神だが、その後は徐々に信者は減り1991年、89歳で中井シゲノはこの世を去った。
分かりずらい場所にあり朽ち果てた鳥居や廃屋、その奥には社祠があり、さらに奥へ進むと滝壺があり、その横にある穴は防空壕としても使われていたという。
放置され老朽化していてとても不気味なために心霊スポットとして知られるようになったのか、それとも放置されたこの場所でなにか元となる事件があったため心霊スポットになったのかは定かではない。
しかし、この神社へ連れて行った女の子が霊に取り付かれて頭がおかしくなってしまったなどの話もあり遊び半分で行くのはやめたほうがよいだろう。

心霊スポット名:奈良ドリームランド(ならどりーむらんど)

1961年7月1日に開業した奈良県奈良市北部にある廃遊園地。
1983年に東京ディズニーランドが開園して以降は客足は遠のき入場者数が減少し2006年8月31日に閉園となった。
最盛期の年間入場者数はのべ160万人を数えたが閉園時にはのべ40万人にまで減少していた。
その後、草木が生い茂り放置された遊具は半壊していたり寂れた遊園地の様子を気味悪く感じる者も多かったためか心霊スポットと化した。
定かではないが、なかには観覧車が誰も乗っていないのに勝手に回っていたというウワサがある。
2015年に破格の安さで公売が行われ7億3000万円で落札されて2016年10月あたりから解体工事が開始されているが今後どのように跡地を利用するのかなどは未定。

心霊スポット名:天理ダム・トンネル(てんりだむ・とんねる)

ダム湖は青垣湖と呼ばれていて堤体高60.5mで堤頂長210m。
天理ダムから旧国道25号線を進んでいくと天理トンネルがある。
この道路は多くのドライバーやライダーが訪れることでも知られるが、ここ近辺はガードレールが破損していたりする事故多発地帯。
また天理ダムは自殺の名所としても知られていて、自殺者が相次いでおりかなりの人間が亡くなっていて過去には死体遺棄事件も起きているという。
ダムの底には白骨が沈んでいていまだ発見されていない死体が多数あるらしい。
そのためか事故や自殺で亡くなった者の霊が現れる心霊スポットしても知られている。
二輪車に乗った若い男の霊が、ここへ来た人たちを付けまわしダムとトンネルの間の道で消えるという現象や、若い男の霊がカーブの辺りにうなだれたようすで突っ立っているという体験談がある。
他にも深夜、山道に子供の霊が宙に浮いていて気味悪い表情でこっちをみつめるというウワサも。
ガードレールから血が滲み出てくる、ヘビの顔を持つ少年の霊が現れる、夜中に展望公園近くにある電話ボックスの受話器を取ると女性の泣き声聞こえるなど奇怪な話が多い。

心霊スポット名:恵愛橿原病院(けいあいかしはらびょういん)

心霊スポットとして有名だった廃病院は岡寺駅そばの住宅街の中にあった。
1991年に閉鎖し、心霊スポットとして有名になるが2000年ごろには解体されている。
廃業した経緯はウワサとして医療ミスで逮捕や経営破たんなどいくつかあるみたいだが真相は不明。
まだ廃墟として残っていたころ、廃病院の中には診療器具やカルテはそのまま残っていて医療廃棄物、薬剤などが山積みとなって放置されていた。
肝試しに訪れた若者は何かに取り憑かれたり深夜に霊体を見た等の情報が多い。
取り壊し作業中に事故が起こっているという話もあった。
現在はまったく別の建物が建っているため立ち入り等不可。

心霊スポット名:屯鶴峰(どんづるぼう)

二上山の噴火によって火山岩が固まって生み出された標高約150mの真っ白な凝灰岩。
灰白色の断崖が鶴の群れに見えること、また松林に多くの鶴がたむろしているように見えることからから屯鶴峰と名付けられたといわれている。
昼間には多くの観光客が訪れるが、この場所は心霊スポットとしても知られている。
第二次世界大戦中に造られた複雑な防空壕もあり、この防空壕は多くの朝鮮人による強制労働によって造られたものだという。
工事期間は僅か3ヶ月で全長2kmにも及び、過酷な労働により多くの死者も出たことだろうこの防空壕には心霊にまつわる話も多い。
防空壕の中では壁を掘る男の霊や、壁から壁へ消えていく作業着の男、防空壕の外では空に浮かぶ無数の人の顔や子供の霊の目撃、謎の銃声音など。
また林の中からは誰かに見られているような感じがするとか暗闇の中で何かが後ろに立ったといった体験談もある。
近年ではこの場所での自殺者も増えているらしく首吊り自殺や毒を飲んでの自殺が起きているそうだ。

心霊スポット名:信貴生駒スカイライン(しぎいこますかいらいん)

大阪と奈良の境界の生駒山と信貴山の稜線を走る道路で開通年は1964年4月28日、路線延長20.9km。
生駒スカイラインにある「鐘の鳴る展望台」は、大阪と奈良の夜景を一望できる。
展望台には「希望の鐘」「誓いのリング」がありに南京錠を取り付ける「誓いの鍵」が掛けられている人気のスポット。
しかし夜の信貴生駒スカイラインは心霊スポットとして昔から知られている。
過去に走り屋のバイクがカーブを曲がりきれずに崖に転落したが遺体には首がなかったというウワサ話があり、夜間に走行していると後ろから首なしライダーが来て、首なしライダーに追い抜かれると事故死するという話。
他にも、生駒スカイラインにあるトンネルで車のエンジンとライトを消してクラクションを鳴らすと車に血の手形がつくという話。
事故で足だけが見つかっていない女性の霊が車の後ろを上半身だけでもの凄い速さで追いかけてくると言う話。
この道路で事故を起こしたら車は、直前に崖に落ちていく男女が乗っている白色の幽霊軽自動車とすれ違っているという話など、数多くの怪談がある。


スポンサードリンク
 

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

6
27
29