Sponsored Link

あるホテルで起きたことです。
私は客室係としてその日は当番業務についていました。
当番とは昼休みの間のルームサービスを担当する係のことですがその日の当番は私ともう一人の2人でした。
午後3時頃に事務所の電話が鳴りルームサービスを受けました。部屋番号は電話機に表示されている7053号室でした。
内容はお茶セットを届けてほしいとのこと。
私は7階にある事務所からお茶セットを取り部屋に向かいました。


出てきたのはおじいさんで、奥の部屋のテーブルを無言で指差したのでその上に置いてきました。
事務所に戻る途中に「おかしいな、お茶セットは部屋に置いてあるはずなんだけどな・・・午前中の人が入れ忘れたかな?」と思っていたのですが、冷静に考えると午前中は自分が担当していたのです。
そして記憶が正しければあの部屋は今日は空き部屋のはずだ・・・と。
すぐに事務所に戻りパソコンをつけてその日の客室状況を確認しました。
確かに空き部屋です・・・。
フロントに電話をかけ7053号室が空き部屋である事と鍵がフロントに置いてあることを確認しました。
フロントからその部屋に本当に人がいるか確認してほしいとのことで、怖かったのですがもう一度7053号室に行ってみました。
ゆっくりと部屋に入り中を確認しましたが誰も居ないのです。
私が置いたお茶セットがテーブルの上にあるだけであとは人が入った形跡がなかったのです・・・
その後知ったのですが当時各階にある事務所に業務日誌がありました。
そこにはたくさんの心霊現象の体験談が書かれており、7階のその部屋も過去にそういった現象が起きたことがあると書かれていました。

 

※そのホテルは本当に心霊現象が多く自殺者もたくさん出ています。
霊に体を乗っ取られたと思われる人が飛び降りようとして2人がかりで押さえつけたこともあります。
死体の第一発見者になったこともあります。また何かの本に載っているらしくお客から幽霊を見るにはどうしたらいいか聞かれたこともありま
すし、何か気配を感じるので部屋を変更してほしいなど、まさに幽霊の巣窟のようなホテルでした。
それとそのホテルの下には魔の壕と呼ばれる空間があります。そこに海流が全て流れ込むようになっているようで海に飛び降り自殺をした人がそこへ流れ着くようです。
そんな人達の霊も出現しているのでしょうか・・・

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

コメントを追加

セキュリティコード
更新


スポンサードリンク

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

15
30

Newコメント

スポンサードリンク