産経新聞に掲載された広告に対し、ユダヤ団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」 は産経新聞社社長宛てに抗議文を送付した。
11月26日付の東海・北陸版に掲載された「ネットジャーナリスト リチャード・コシミズがユダヤ独裁国家アメリカの謀略を暴く!!」と題した全面広告。コシミズ氏の寄稿とともに、発売中の3冊の本を紹介した。
これにユダヤ団体は大激怒したようだ。

米ユダヤ系団体、本紙掲載広告に抗議 産経・熊坂社長「おわびします」
http://www.sankei.com/world/news/141205/wor1412050043-n1.html
より以下、引用


産経新聞社、熊坂隆光社長のコメントは以下の通り。

 問題の広告が産経新聞11月26日付東海・北陸版(約5千部)に掲載されたのは事実であり、12月4日付でサイモン・ウィーゼンタール・センターのエイブラハム・クーパー副所長からの抗議文を受け取りました。

 掲載に至る経緯は現在、社内で調査中ですが、広告審査手続きに欠陥があったことは明らかです。こうした内容の広告が掲載され、読者の手元に届けられてしまったことは極めて遺憾であり、読者とユダヤコミュニティーの皆様に深くおわびいたします。

 もとより、産経新聞社はナチス・ドイツによるホロコーストを許しがたい憎むべき犯罪ととらえておりますし、いわゆる謀略史観的考えにくみするものではありません。サイモン・ウィーゼンタール・センターの抗議を真摯(しんし)に受け止め、誠実に対応するとともに厳正に対処します。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】〈闇の陰謀対談〉ベンジャミン・フルフォード×リチャー...

【楽天ブックスならいつでも送料無料】〈闇の陰謀対談〉ベンジャミン・フルフォード×リチャー...
価格:1,944円(税込、送料込)

内容紹介 
この世界は、ほんのひと握りの闇の権力者によって支配されている。 
近年、次々と起こる不可解な事件や戦争の裏には、彼ら地球支配階級の陰謀が存在する。 
これまでけっして語られることのなかった裏の歴史と恐るべき怪奇事件の真相をあますことなく暴露する。


ユダヤ支配構造 日本編

日本でのユダ金支配が確立した時期は戦後で、主要人物は、児玉誉士夫・笹川良一・岸信­介です。
ではなぜ彼らが、CIAの工作員として利用されたのか...。


ユダヤ支配構造 欧米編

ユ­ダヤの歴史と主要人物がわかれば今が見えてくると思います。
嘘?陰謀論?残念ながら当­時の史実に立ち会っていないので、そうかもしれませんが、少なくともメディアや教科書­よりは説得力のある、つじつまが合う内容ではないかなと。

0
0
0
s2smodern
powered by social2s

コメントを追加

セキュリティコード
更新

スポンサードリンク

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

19
20
21
26
27
28

Newコメント

スポンサードリンク

おススメ小辞典