スポンサードリンク
 

新島には江戸時代に多くの罪人が流されてきて、罪人たちはこの地で生涯を閉じている。
島に来てから殺人や放火などの重罪を起こした11人は現在も在る向畑刑場跡で処刑された。
墓には巨大な榎があり、この木には恐怖の因縁があった。

1995年8月11日、伊豆七島の八丈島、綺麗な海と穏やかな気候が魅力なこの島で何とも奇妙な忌まわしき事件が起こった。
お盆の直前に身元不明の焼かれた7遺体が発見されたのだ。
いつ、誰が、何のために?すべては謎に包まれていた。

無念のまま死を迎えた武士の魂を宿し、その幹や枝から人間の髪の毛のようなもの生い茂っているという岐阜県室原にある呪いの柿木など、人の怨念が取り憑いたのではないかといわれるものが日本各地にある。
お菊人形が安置されている北海道空知郡栗沢町の隣町の北海道夕張郡栗山町に、そのお菊人形以上に人々を震撼させ怪奇現象を起こす木が実在した。
そのハルニレの木は女のすすり泣くような声で泣くという。

Dr.元田の怪奇カルテ

当時、Dr.元田が勤務していた病院には裏庭があった。
そこで松本智美(当時30歳)という不思議な入院患者に出会った。
Dr.元田が、その不思議な女性を見つけたのは病院1階部分に隣接する裏庭。
なぜか一人で裏庭に座り込み、病院のほうを見入っていたという。

1979年、夏休みもあとわずかとなったある日。
当時12歳であった谷川麻美さんは、両親と6歳下の弟と一緒に伊豆の別荘に遊びに来ていた。
この別荘は2階建てで長い間廃屋状態であったものを両親が購入し、手直ししたものであった。

邦夫さん・良恵さん夫妻は1988年10月、宮崎県にある妻・良恵さんの実家へ遊びに行った帰り、県境の峠に差し掛かった辺りで、先のほうに旅館があることに気づき、疲れていたので泊まることにした。
旅館の駐車場に車を停めて降りたとき背後からいきなり顔を殴られ、そこに無数の人たちに囲まれていた。

スポンサードリンク
 

オカルト番組情報をまとめたメモです。(※番組内一部だけも含む)
まとめてあるものは主に東京地域中心ですがそれ以外の地域の番組もあり。
番組中止や番組変更があったり、地域や契約内容によって見れない番組もあります。
手作業のため更新等できなかったりオカルト系番組と勘違いする場合もあるので参考程度に見て下さい。
役立つと思いなんとなくまとめてるだけなので載ってない番組もあると思います。
間違いや載っていない番組があったら指摘して頂けると助かります。


広域・県域放送/BS放送/CS放送、等のテレビジョン放送局一覧表

12
13
15
19
20
21
26
27
28
29